川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

スタッフブログ

態癖(たいへき)について

「態癖(たいへき)」と呼ばれるものがあります。 これはお口や全身に影響を与える「よくない生活習慣」のことです。 例えば「頬杖」や「うつぶせ寝」などよくない姿勢など、無意識な習癖が長期に及ぶことにより、口やその周囲、そして全身に影響を及ぼす可能性があります。 1日に数時間だとしても、長期的に力をかけると、歯は移動をします。 歯並びが悪くなり、顎関節に負担をかけたり、顔や全身の歪みを引き起こします。 …続きを読む

2019年03月30日

歯や口の清掃状況について

厚生労働省のH28歯科疾患実態調査では、77%の人が、毎日2回以上歯磨きをしているそうですが、その半面、30〜64歳の約80%が歯周病にかかっているというデータもあります。 デンタルフロスや歯間ブラシを使用している人の割合は約30%と低く、 「歯磨きをしてはいるけど、特に歯間部の清掃ができていない」実態が考えられます。 清潔好きとされる日本人ですが、在日外国人を対象にした調査で72%の人が「日本人…続きを読む

2019年03月27日

口臭予防について

日中は、適宜緑茶を飲むことをおすすめします。 唾液を増やしてニオイ物質の濃度を下げ、茶カテキンによる消臭効果が期待できます。 年齢とともに唾液の分泌量も減少します。 よく噛んで食事をすることで、顔の筋肉を動かして、唾液腺からの唾液の分泌が増えます。 おしゃべりをすることも、同じく筋肉を動かしますので唾液の量が増えます。…続きを読む

2019年03月25日

口腔がん

タレントの堀ちえみさんの舌がんで舌や口腔内のがんに注目が集まっています。 初期の口腔がんはプロでも見落としてしまうことがあるとの事。 痛みのない口内炎が出来たら病院に行く事をお勧めします。…続きを読む

2019年03月20日

女性ホルモンが歯周病を悪化させる?

P.intermedia(プレボテラ・インターメディア)という歯周病菌は卵胞ホルモンを栄養源に増殖することから、女性の方が“歯周病が進行しやすい”のです。さらに卵胞ホルモンは歯肉を形作る細胞を標的にする性質を持つため、実は女性ホルモンの活動が活発な20~40代の女性こそ、しっかりとした口腔ケアが必要なのです。 しかも、妊娠期は女性ホルモンの分泌が普段の10~30倍にも増えるため歯周病のリスクも高ま…続きを読む

2019年03月20日


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.