川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

スタッフブログ

季節の変わり目

朝晩冷え込み 木々も色づき始めましたね 皆様お元気にお過ごしですか? 季節の変わり目は 寒暖差が激しく それだけで体力を消耗しますので 体調を崩される方が多くなります 免疫力もさがり 普段は平気なのに 歯肉が腫れてきたとのことで 歯科を受診される方もいらっしゃいます 症状が出てからでは 処置の回数が増え 回復に時間がかかるものです 定期的な歯科検診とクリーニング(保健適応)を オススメします 早め…続きを読む

2018年11月13日

健康な舌の状態

正常で健康な舌とはどのような状態かといいますと、ピンク色でしっとりと濡れており、全体に厚みがあり、舌苔と呼ばれる白い苔が中央部に薄くかかった状態が、正常で健康な舌と考えられます。 厚みと赤みのない舌である場合は血虚という状態にあり、血液の足りない状態を示します。 また、舌にべっとりと厚く舌苔が舌の表面を覆うように付着している場合は、胃腸になんらかのトラブルを抱えていることがあります。 舌苔がたくさ…続きを読む

2018年11月9日

正しい舌の位置

今、舌の状態はどうなっていますか? ①上顎に舌がくっついている ②口腔内で下が浮いている ③下顎に舌がくっついている ④上もしくは下の前歯に舌が押すようにくっついている 実は正しい舌の位置があります。 正解は①の「上顎に舌がくっついている」状態です。 そしてこの位置が正しく出来ていると、きちんと鼻呼吸ができ、さらには小顔効果も期待できますよ。…続きを読む

2018年11月6日

定期検診の必要性

歯を失う原因の1位は何かご存知でしょうか? 実は虫歯ではなく、歯周病が歯を失う原因の1位なのです。 虫歯は進行すると痛みを伴い、「もしかして…」と気付くことができますが、歯周病は厄介なことに痛みなどの自覚症状のないまま進行してしまいます。 歯周病にはかかりやすい年齢のボーダーラインがあると言われており、その年齢は30代です。 10代や20代は免疫力が高いのですが、30代あたりからじわじわと歯周病に…続きを読む

2018年11月5日

歯周病の経過観察

歯周病は現在から未来へ向けて継時的に連続していく慢性疾患です。慢性疾患は長期的な経過対応をせざるをえません。個人差や個体差を含めた病態の再評価を繰り返し歯周病の進行を阻んでいくしかありません。リスクを知り進行を阻むためには歯科衛生士による経過観察は不可欠になります。症状がなくても定期健診、歯のクリーニングにいらしてください。近年では歯医者に定期的に通っている方は医療にかかる費用がグッと少なくなるそ…続きを読む

2018年11月2日


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.