川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

歯周病・口臭治療

歯周病について

気になる口臭や、腫れて黒ずんだ歯茎、歯茎からの出血・・・これらは歯周病が原因で起こる場合がほとんどです。
45~54歳代では、日本人のほぼ90%が歯周病という、まさに国民病です。
歯の健康を脅かすだけでなく、見た目も悪くなり臭うので、相対して話す人にイヤな印象を与えかねません。

その1:歯周病とは

歯ぐきに起きる、化膿性の炎症、それが歯周病です。
痛みもなくジワジワと進行し、歯ぐきが腫れたり、口が臭くなったり、歯周病菌が歯を支えている骨を溶かす毒素を出し、骨がやせて歯がグラグラになり、最後には歯が抜けてしまいます。
歯が抜ける原因の一位は、虫歯ではなく歯周病なのです。

歯の喪失の原因
出典:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」

その2:歯周病の原因

一番の原因は歯の汚れです。
歯垢(しこう:食べかす)が歯と歯ぐきの隙間にたまると、その中にいるバイ菌が繁殖して歯周病を引き起こすのです。
そのほかにも、歯並びや噛み合わせの不具合、過度の歯ぎしりや精神的ストレスなども歯周病の原因と考えられています。

その3:歯周病と年齢の関係

中高年以降の人が圧倒的に多く、軽度の歯肉炎を含めれば成人の90%近くが歯周病といっても過言ではありません。
また、お菓子やジュースを取り過ぎる子供にも歯周病が多く見られます。
年齢にかかわらず、進行する前に予防することが大切です。

その4:歯周病の症状

以下のような順で症状が進行します。

  • 1.歯を磨くと血がでる
  • 2.時々歯肉が腫れる
  • 3.口臭がでてくる。
  • 4.歯が長くなったように見える。
  • 5.歯と歯の間に隙間ができて、食べ物が入りやすくなる。
  • 6.歯が動くようになり、よく噛めなくなる。
  • 7.歯がグラグラになり、抜けてしまう。

その5:歯周病についての治療法や予防法

以下のような順で症状が進行します。

1.歯石を取り除く

専用の器具を使ったり、超音波の器具で、歯面についた歯石を取り除きます。歯磨きも正しくできていないと、除去した後もすぐに歯石は付着するので日ごろのケアに注意します。

2.手術を行う

歯周病がかなり進行している場合、病的な歯肉を手術により取り除くこともあります。

3.プラークコントロール

歯磨きで歯垢(プラーク)を歯に付着させないことです。
効果的な歯磨きの方法や、食事のとり方の指導などを行います。

4.PMTCを行う

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」のことです。
国家資格を持つ歯科衛生士が、専用の機械を使って、歯ブラシでは取り除けない汚れまで徹底的にクリーニングし、仕上げにフッ素でコーティングします。

その6:歯が抜けるだけではない!全身に深刻な影響を及ぼす「歯周病菌」

歯が抜けることは、その歯を入れ歯やインプラントなど補う必要があるだけでなく、他の歯が傾くなどの影響を与えます。
それだけでも怖いですが、それよりももっと怖いことがあります。
歯周病の本当に怖さは、口の中だけでなくその影響が全身に行き渡ってしまう事です。
口の中にいる歯周病菌は、食べ物と一緒に飲み込まれると吸収、更に歯ぐきの毛細血管から血液の中に入り、全身に回っていきます。

その結果、下記の疾患の一因になっていることが最近の研究で分かってきています。

  • 糖尿病
  • 嚥下性肺炎
  • 敗血症
  • 心内膜炎
  • 早産
  • 認知症
  • 心筋梗塞

誰もがなりたくない病気の引き金になるのは「歯周病菌」です。
歯が健康な人は、全身が健康な割合が高いのです。
当院が歯と歯ぐきのメンテナンスを通じてみなさまの健康維持のお手伝いができれば、幸いです。

診療のご案内


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.