川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

スタッフブログ

歯周病と関連のある疾患③

アルツハイマー病 細菌歯周病原細菌がアルツハイマー病の発症や進行に大きくかかわるアミロイドβの産生に関与していることや脳への蓄積に関連することが解明されてきています。歯周炎がアルツハイマー型認知症のリスクを間接的に増加させた可能性と適切な口腔衛生を維持する能力に障害があることで十分な口腔衛生を行えず歯周炎を増悪させたと双方向の関係性も推測されています。…続きを読む

2020年12月31日

歯周病と関連のある疾患②

糖尿病 糖尿病と歯周病の関連性の研究は1960年代から行われすでに多くの科学的証拠が蓄積されています。特記すべきは糖尿病と歯周病には双方向の関連が示されていることです。糖尿病は歯周病のリスクを高め逆に歯周炎は血糖コントロールに悪影響を及ぼします。一方歯周治療は糖尿病の症状を改善することから日本糖尿病学会なども口腔健康の回復と維持の重要性を強く支持しています…続きを読む

2020年12月30日

年末年始のお知らせ

  当院の年末年始の診療日時のご案内です。   12月31日、午前のみ診療 1月1日、2日、休診 1月3日、午前のみ診療   1月4日以降は、通常通りの診療を行っております。 診療の予約は埋まってしまっているのですが、応急処置等対応いたします。 ご来院なさる場合には、必ず事前にお電話でご連絡をお願いいたします。 お待ちいただく時間が長くなる可能性ありますので、お時間に…続きを読む

2020年12月30日

歯周病と関連のある疾患①

心血管疾患 血管内表面を構成する血管内皮細胞の慢性炎症である動脈硬化症では歯周病細菌が検出されたことが報告されており、血管に侵入した歯周病細菌が心筋梗塞や脳梗塞にかかわる可能性を示唆しています。 またそれによる敗血症や菌血症が細菌性心内膜炎を発症させる可能性も多く報告されているためハイリスクの人たちは口腔内を衛生的に保つことが重要になってきます。…続きを読む

2020年12月28日

脳性麻痺と原始反射の残存

原始反射とは、中枢神経が未発達な新生児期から3か月ごろにみられる特有の反射です。通常は脳の成熟とともに消失しますが、脳性麻痺の方は原始反射が残存しやすいです。以下に代表的な原始反射を記します。 1.驚愕反射;本人が予期しない音、光、疼痛、接触などの刺激で緊張による体動や反り返りが生じる。 2.咬反射;臼歯咬合面や歯槽堤に物が触れると瞬間的に閉口し、噛みしめる。 3.緊張性迷路反射;空間における頭の…続きを読む

2020年12月22日


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.