川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

抜いた方が良い親知らずと抜かなくても良い親知らずの違い

顎に痛みを感じらたら、親知らずに何らかの異常が生じている可能性もあるため、まずは川越の歯科医院までお越しして、精密な検査を受けていただくことをおすすめします。 もちろん、もうすでに川越の歯科医院で親知らずを4本とも抜いている場合は、痛みがその他の歯に由来していることもありますが、いずれにしてもお口の中に何らかの異常が生じている可能性は高いといえます。 ただ、親知らずの治療といえばまず抜歯が思い浮か…続きを読む

2019年10月14日

重症度の高い歯周病の治療方法について

歯周病は一度発症してしまうと完治させるのがとても難しく、あるいは長い治療期間のかかる病気であり、川越の歯科医院でもできるだけ早期に発見し、早期に治療を始めた方が良いことを患者さまにはお話しております。 というのも、虫歯であればミュータンス菌などに代表される虫歯菌に侵された歯質を削除したり、川越の歯科医院でも行っている根管治療のように、根管内を滅菌するなどしたりすることで完治させることは可能ですが、…続きを読む

2019年10月10日

歯医者は口腔がんや外傷の治療もできる?

川越の歯科の歯医者もそうですが、基本的に歯科医というのは医師とはまったく別物であると捉えられがちですが、治療できる範囲などは意外に近いものがあったりするなど、それほど異なるものではないといえます。 最もわかりやすいのが口腔外科で、川越の歯科医院のように虫歯や歯周病の治療をメインとするのではなく、口腔がんや交通事故による顎顔面の外傷への治療を主に行う歯医者も存在しています。 虫歯を削るのが主な仕事と…続きを読む

2019年10月7日

歯周病の症状を進行度別に解説

歯周病は実に多様な症状を呈する口腔疾患であり、川越の歯科医院を訪れる患者さまでも、それぞれで歯周病の進行度や症状が異なることから、各々に最適な治療計画を立案する必要があるといえます。 例えば、「歯茎が腫れる」というのは歯周病の最もポピュラーな症状の一つでありますが、これは軽度の歯周病である「歯肉炎(しにくえん)」で認められやすく、川越の歯科医院でもこの段階の歯周病であれば、まだまだ容易に治療するこ…続きを読む

2019年10月4日

歯の着色や変色の原因と改善方法について

歯の着色は、加齢によって起こることもありますが、毎日の食生活によって歯の黄ばみや黒ずみが強くなるケースも珍しくないことから、川越の歯科医院では歯を白く美しく保ちたい人に、食生活から改善していくことを勧めています。 例えば、コーヒーや紅茶を常飲されている人は多く、仕事や勉強の合間に飲むことで心身ともにリフレッシュできたり、カフェインが集中力を高めてくれたりすることから、必ずしも悪いことばかりではない…続きを読む

2019年10月1日


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.