川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

親知らずの活用方法

親知らずは、永久歯の中でも一番最後に生えてくるため、いろいろなトラブルを引き起こすことも多く、川越の歯科医院にも親知らずが痛んだり、その周囲の歯茎に腫れが生じたりするなどで、治療を必要とする患者さまがたくさんいらっしゃいますが、すべてのケースで抜歯をしなければならないというわけではありません。

というのも、親知らずにとくべつな問題がなければ、その他の天然歯と同様に保存して、噛み合わせに参加させるなり、将来的に補綴や矯正治療に活用させるなりできるからであり、川越の歯科医院では積極的に親知らずを保存するよう努めております。

例えば、虫歯や歯周病で歯を失った場合は、ブリッジを入れるにしても入れ歯を装着するにしても、支台歯呼ばれる支えとなる歯が必要になりますので、その際、親知らずが保存されていれば問題なく活用することができますので、川越の歯科医院でも保存を推奨しているのです。

もちろん、親知らずを活用するための条件としては、親知らず自身が虫歯にかかっていないことはもちろんのこと、歯茎も健康で、周囲の歯や歯周組織に悪影響を与えていないことが必須ではありますので、何か問題がある場合は、川越の歯科医院でも普通に抜歯をいたします。

あるいはやがて親知らずが周囲の歯や歯茎などに悪さをする懸念がある時でも、防止的な措置で親知らずを抜歯する事があり、そうした事例はその訳を川越の歯医者は患者さんにキッチリと解説する事でしょう。

親知らずで悩まされるきっかけというのは、真っ先に第一に親知らずがおかしな状況で生えてくるという点が挙げられ、特に日本人にはそうしたタイプが多々あるので川越の歯科医院にも親知らずの異常を主訴に来院される事例が少なくないのです。

▽親知らずが悪さをする訳

ではなぜ、親知らずというのは、周囲の歯や歯茎、歯を支えている骨に反対に悪さをするのか、という質問を持った患者さんが川越の歯科クリニックにも結構いらっしゃる事でしょう。

もちろんの事ながら川越の歯科では、親知らずの異常で来院された患者さんにそれに対しはびしっと口腔内診査を行って、親知らずが如何にいった状況にあるのかを的確に理解しようと努めます。

日本人の顎は欧米人と比較して小さく、8番目の歯である親知らずが正常に生えてこず、痛さなどを引き起こして川越の歯医者に必要になる事になるのです。

その上、親知らずが歯茎や骨に炎症を引き起こしていたり、親知らず自分に虫歯があるような場合では抜歯という処置を施す事がとても多々あるです。

▽一通りの事例で親知らずを抜歯するわけではない

最初に結論からいうと、親知らずに関しては一通りの場合で抜歯をするという事は川越の歯医者でも、全国の歯医者でもないのです。

そんな訳で今度は親知らずについて、全部の事例で抜歯をすべきなのかについて、川越の歯医者の例を挙げながら紹介していきたいと考えます。

真っ先に心積もりられる所以が親知らずの異常な生え方で、例を挙げると斜めに生えている歯というのは歯磨きがしにくく、川越の歯医者もそうした歯は虫歯や歯周病になりやすいと患者さんに助言している事かと考えます。

▽親知らずの異常について

川越の歯医者には、親知らずが苦痛出して慌てて来院される患者さんもいらっしゃるくらいで、とどのつまりいつのご時世も親知らずに悩まされる人は一定数影響します。

言うまでもなく、親知らずの中には正常に真っすぐ生えているものもあり、他の歯とキッチリと噛み合っている事例もありますので、そうした親知らずはキッチリと応用していく方針で治療を進めていく川越の歯医者もいます。

しかも、親知らずは隣の歯を圧迫している事もあり、これも加えて親知らずが悪さをするきっかけであると川越の歯科医は解説している事でしょう。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.