川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

細菌感染症である虫歯や歯周病の予防法

風邪といえば感染症の代名詞みたいなものですが、実は川越の歯科医院でも治療している虫歯も感染症の一種であり、その根本的な原因にはミュータンス菌などに代表される病原性の細菌への感染が存在しています。

ですから、虫歯菌に感染している人の唾液が虫歯菌に感染していない人のお口の中に入ることで、虫歯の感染を広げてしまうということは現実的に起こり得るもので、川越の歯科医院でとくにお母さまからお子さまへの垂直感染を注意するよう呼び掛けています。

垂直感染とは、母子の間で虫歯菌などの細菌感染が広がることで、例えば赤ちゃんに口移しで食べ物を与えたり、日常的にキスなどをしたりすることで、お母さまのお口の中に存在している虫歯菌が赤ちゃんへとうつるリスクがあることを川越の歯科医院ではお伝えしているのです。

そんな感染の広がりは歯周病でも起こり得ることで、川越の歯科医院の患者さまも歯周病を患っている方がたくさんいらっしゃいますが、家族で歯ブラシやタオルを共有することはあまりおすすめできない点は強調しております。

つまり、虫歯はそもそも細菌に感染する事で発症する病であり、川越の歯科でもそうした解説をされているかと考えます。

ですから、一度虫歯菌に感染したら、その後のブラッシング等に気を遣うしか虫歯の発症を押し止める事は手を焼くと川越の歯医者も言っている事でしょう。

川越の歯科で治療する事例も歯を削るわけですし、薬を飲んで治す食中毒や風邪とは根本的に特性が異なるように思えるものです。

実のところ、川越の歯科に限定しずとも、歯医者は全般的に虫歯の治療や歯周病の治療を優れているとしているのが現況です。

▽虫歯は風邪とは違う

虫歯にかかって川越の歯科で治療してもらう事例、普通に歯医者に歯を削ってもらう事となります。

虫歯を発症するか如何にかは、定期的のブラッシングやオーラルケアを徹底するか如何にかにかかっています。

それは虫歯や歯周病に必要になる人が相対的に多々あるためであり、現在現時点でも川越にお住宅の方で虫歯や歯周病の症状に悩まされている人は少なくないのです。

それ故、川越の歯科でも虫歯菌を薬によって除去したり、阻止薬などを飲めば虫歯の発症を防げるように思えますが、そう単純なものでもないのです。

その中でもとくに多々あるのが虫歯や歯周病などで、川越の歯医者も虫歯や歯周病の治療を優れているとしている人が多々あるかと考えます。

この歯を削るという行為は、虫歯にかかった歯に付着している細菌などを除去するために行っているのです。

細菌やウイルスに感染して発症する病といえば、食中毒や風邪などを思い浮かべますが、虫歯はそれらとはちょっと違った印象がありますよね。

母親が虫歯菌に感染している時、口づけや食べものを口移しで与えた事例などに、我が子へと虫歯菌がうつるのです。

そのようなわけで、川越の歯科に虫歯治療に到来ている患者さんの多くは、もうすでに娘のころに虫歯菌に感染しているといえます。

こうしてうつった虫歯菌、普通に除去する事はできません。

けれども、虫歯の大元のきっかけは虫歯菌への感染であり、口腔清掃不良などにってお口の中で虫歯菌がいろいろ増殖する事で虫歯を発症します。

ではそもそもなぜ人は、虫歯や歯周病にかかってしまうのでしょうか。

▽多くの人が悩まされている虫

歯や歯周病川越の歯科には、諸々な症状を訴えて来院されてくる患者さんがいらっしゃいます。

▽虫歯は母親から息子へとうつる

川越の歯科の患者さんもそうですが、多くの人は小さいころに虫歯菌に感染します。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.