川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

歯科治療のレントゲンって安全なの?

川越の歯科医院でもいろいろな場面でレントゲン撮影を行って、歯の根っこの状態や顎の骨の病態などを調べますが、そもそもレントゲンというのはエックス線を用いるので安全性が気になる方もいらっしゃることでしょう。

とくに、定期的に川越の歯科医院を受診して、こまめに顎の骨の状態を観察したり、大掛かりな虫歯治療や歯周病治療で頻繁にレントゲン撮影をおこなっている人はより一層不安が募っていることかと思います。

確かに、レントゲン撮影というと、一般的には医科で受けるものですが、それを川越の歯科医院で受けるとなると、エックス線を照射する部位も顔であることから、被ばくの心配が出てきますよね。

けれども、歯科で行っているレントゲン撮影では、まず健康被害が生じるほどの被ばくをすることはありませんし、顔といっても歯列の一部分や顎全体など、それでも照射野が絵画れているので、川越の歯科医院でもその安全性は患者さまにもお伝えしております。

▽歯科エックス線の被曝量は微々たるもの

おそらく、川越の歯科で現在までエックス線撮影を受けた事がある人であればわかるかと考えますが、歯科治療におけるレントゲン撮影というのは大いに短い時で撮影が終わりますので、それほど大きな量の放射線を体に浴びるという事は最初にないのです。

ただ、エックス線撮影と聞くと、結局気に掛かるのは放射線による被曝かと考えますし、実のところに川越に歯科でそうした検査を受けるときには、患者さんの方から人体にどれくらいの影響があるか如何にかの質問がなされる事もあるかと考えます。

川越の歯科では、特定の部位だけをエックス線撮影するデンタルや、上下の顎全部をエックス線撮影するパノラマといったものが代表的ですが、これらを撮影する事で肉眼では検証する事のできない歯の病変や顎の骨の異常などを見つける事ができるとなります。

ともあれ、川越の歯医者で受ける一般的な歯科治療では、いつもの歯科エックス線撮影しか行いませんので、被曝に関してはそれほど怖がる必須がないといえるでしょう。

ですので、川越の歯科でエックス線撮影を受ける事となっても、それほど懸念事項する必須はなく、むしろエックス線撮影によって得られる良いところの方が何倍も大きいといえます。

例を挙げると、川越の一般的な歯科では行っていないようながん治療で、放射線を病変部へ当てるような治療の時は、その治療が永らく続くほど人体への悪影響は大きくなるものといえます。

▽エックス線撮影は人体にとって安心なのか

これまで川越の歯科などで虫歯治療を受けた事のある人であれば、一度は歯科のエックス線撮影をした事がある事かと考えます。

では、川越の歯科治療ではなく、どれほどの治療であればエックス線撮影における被曝が人体に及ぼす影響が大きくなるのでしょうか。

現に川越の歯科で長年歯科治療を受け続けてきて、その場合、レントゲン撮影を何度も行ってきた時でも、それがきっかけでどこかに体の異常が現れたという人はいない事でしょう。

それだけに川越の歯科でも何か病が疑われるような事例では、デンタルやパノラマといった歯科エックス線撮影を行っている事かと考えます。

それくらい川越の歯科でのレントゲン撮影は被曝量が少なく設定されているのです。

そんな訳で採り上げるのは、川越の歯科エックス線検査について、その被曝量や人体への安心性などを詳細に紹介していきたいと考えます。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.