川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

日本人の多くが歯周病にかかっている理由

日本人の国民病にはいろいろな種類がありますが、お口の病気である歯周病もそのひとつとして数えれることがあり、川越の歯科クリニックでもその事実について患者さまにわかりやすくお伝えしております。

歯周病が日本人の国民病といわれても、いささか大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、川越の歯医者でもお伝えしている通り、日本人の成人の8割以上が歯周病にかかっているであろうことは、ほぼ間違いないのです。

そのため、日本人の成人であれば誰しもが歯周病に注意しなければなりませんし、川越の歯科医院でも歯周病を重症化させることだけは絶対に避けるようご説明しております。

というのも、歯周病は重症化することでさまざまな全身の病気を誘発することでも知られており、川越の歯科医院ではとくに糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎などに注意するよう呼び掛けております。

歯周病は初期の段階だと自覚する事が手を焼くので、防止や早期治療をお望みの方は、最初に川越の歯科で決まった的に健診を受けてみてはどうでしょうか。

いずれにせよ歯周病は、歯茎や歯を支えている骨に炎症が起こる病ですので、できるだけかからないようにやりたいものです。

細菌の数が多ければ多々あるほど、歯周病も進行していきますので、川越の歯科などではオーラルケアに重点を置くよう患者様に助言しているかと考えます。

冒頭で歯周病患者は日本人の8割にも及ぶと伝えましたが、本当は歯周病にも軽いから重度まで症状が色々で、そういうすべての場合を組み合わせて8割という数字が出ているようです。

一例を挙げれば、川越の歯科にも歯肉炎という症状が現れて来院される方がいらっしゃいますが、この歯肉炎は歯周病の中でもわりと症状の軽い部類に入ります。

そんな訳で最初に、歯周病とは如何にいった病なのかについて細かいところまで紹介します。

▽歯周病の重症度は色々

とはいえ、日本人の虫歯は減少性質にあり、川越の歯科にも虫歯治療で訪れる患者様の数が減ってきているのに、なぜ歯周病はこれほど多くの人が罹患しているのでしょうか。

川越の歯医者であれば、初期の歯周病を発見可能なだけでなく、その対処法にも熟知しているかと考えます。

その一方で、川越の歯科では歯周病を患って来院される方が増大してきているのではないでしょうか。

▽歯周病のきっかけは細菌歯周病

は、歯周病のきっかけとなる細菌に感染する事で発症します。

実のところ、日本人の8割近くが歯周病に罹患しているというデータもあり、川越の歯科に限定しず全国の歯医者には歯周病患者が治療を受けている事でしょう。

川越の歯医者にも、虫歯治療で来院される患者様の数が減ってきている事でしょう。

具体的には歯医者や歯科衛生士がブラッシング指導を行って、できるだけ磨き残しがないように指導しているのではないでしょうか。

川越の歯科の中では、そのような細菌がどれほど患者様のお口の中にいるのかを調べる検査を実施しているクリニックもあるかと考えます。

もちろんの事ながら、歯周病患者の口腔内には、歯周病のきっかけとなる細菌が数多に繁殖しています。

日本人の虫歯は劇的に減り続けてきました。

一方、歯周炎という症状で川越の歯科にかかっている方もいらっしゃいますが、こちらはわりと重症度の高い歯周病といえます。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.