川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

指しゃぶりや舌突出癖は何歳まで許される?

川越の歯科クリニックには、まだ歯が生えて間もないお子さまや学童期のお子さまなど、いろいろな年代の患者さまがいらっしゃいますが、親御さまの心配事で意外に多いのが指しゃぶりや舌を前に突き出す癖などについてです。

こういった口腔習癖というのは、川越の歯科医院のお子さまだけではなく、一般的な小児に見られる習慣やくせであることから、とくに気にする必要もなさそうですが、実際は歯並びや顎の発育に大きな悪影響を及ぼすこともあるため注意が必要です。

例えば、舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)が慢性かしてしまうと、上顎前突や開咬、口呼吸といったトラブルの原因となることもあり、川越の歯科医院では適切な時期に適切な処置を加えるなどの対応をとっています。

そこで重要となるのが何歳までなら指しゃぶりや舌突出癖が許されるかという点ですが、これは川越の歯科医院でもお伝えしているように、お子さまの発育状況などによっても左右されることから一概に何歳までOKとはいえないのが現実です。

▽歯列に悪影響を及ぼす口腔習癖

けれども、乳歯も生えそろってきて、歯列が仕上げに近づいても指しゃぶりなどを続けてしまうと、その後の歯並びに悪影響を及ぼす事がありますので配慮が必須になります。

ですから、まだ乳歯が生えそろっていないような小さなお子様にそれに対しは、理不尽に口腔習癖を取り除くように働きかける事も、川越の歯科ではしないかもしれません。

もしかして、川越の歯科の患者さんだけでなく、皆さんも娘のころはそのような口腔習癖をお持ちだったかもしれませんね。

実のところ、如何にいった口腔習癖が歯列に悪いのかもわかりにくいかと考えますので、川越の歯科でプロのコメントを聞いてみてください。

そういう点も踏まえて、川越の歯科では専門科である矯正や小児の歯医者が適切な助言をしてくれるかと考えます。

普段的に舌を前に出していると、前歯も前方に突き出てしまい、出っ歯のきっかけとなりえるため、川越の歯医者がその習癖を取り除くように働きかけるのです。

一例を挙げればタングクリブと呼ばれる装置は、川越の歯科でも使用されている矯正装置ですが、これを装着する事によって、お子様が舌を前に出せなくなるのです。

それ以外にも、お子様の口腔習癖に応じた色々な矯正装置が川越の歯科や、全国の矯正歯科には下拵えされていますので、お子様の口腔習癖が気に掛かる方は、真っ先に歯科クリニックを訪ねてみてはどうでしょうか。

というのも、まだ小さいうちはそのような指しゃぶりや下を突き出すような癖があったとしても、それほど問題とはならないからです。

ですので、川越の歯科では明らかに歯列に悪影響を及ぼしているような口腔習癖にそれに対しは、適度の措置をとる事が多々あるです。

歯列というのは娘のころにその大枠が決まってしまいますので、その時にどのような扱ってをするかが必須といえます。

口腔習癖とは、指しゃぶりや舌を前に突き出すような口元の癖で、川越の歯科に来院されるお子様の中にも、そうした口腔習癖を持っている場合が滅多にないのです。

▽口腔習癖に対する諸々な治療法

可能ならこうした矯正は、ご両親が口で解説して実施支障がなければお薦め良いのですが、小さなお子様に対してそれを把握してもらうのはわりと困難なため、川越の歯科では矯正装置を用いて治療を行っています。

▽口腔習癖は一概に悪いものではない?

皆さんは口腔習癖という言語をご存知でしょうか。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.