川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

子どもの舌癖には要注意

子どもには舌に関連した習癖がいろいろありますが、ものによってはお口の発育に悪影響を及ぼしかねないことから、川越の歯科医院でも親御さまに注意を呼び掛けることがあります。

その中でも比較的高頻度に見られるのが舌突出癖で、もともとは乳児型嚥下とかかわりのあるものなので、決して異常な行動ではないのですが、年齢によっては川越の歯科クリニックで改善しなければならないこともあります。

というのも、舌を前方へと突き出す癖が習慣化していると、前歯まで前方へと押し出されることから、出っ歯を誘発することがあり川越の歯科医院での治療対象となりえます。

まさか舌を突き出す癖が歯並びの異常につながるなんて思ってもいなかった、とおっしゃる親御さまも少なくないので、川越の歯科クリニックではそうしたお子さまの習癖が目立つ場合は、積極的に指摘するよう努めております。

そのような点も踏まえて、川越の歯科では専門科である矯正や小児の歯医者が適切な助言をしてくれるかと考えます。

歯列というのは我が子のころにその大枠が決まってしまいますので、その時にどういった扱ってをするかが必須といえます。

というのも、まだ小さいうちはそのような指しゃぶりや下を突き出すような癖があったとしても、それほど問題とはならないからです。

▽口腔習癖に対する諸々な治療法

支障がなければこうした矯正は、ご両親が口で解説して実施可能なら最高良いのですが、小さなお子様に対してそれを把握してもらうのは相当簡単ではないため、川越の歯科では矯正装置を用いて治療を行っています。

ですから、まだ乳歯が生えそろっていないような小さなお子様に反対には、理不尽に口腔習癖を取り除くように働きかける事も、川越の歯科ではしないかもしれません。

普段的に舌を前に出していると、前歯も前方に突き出てしまい、出っ歯のきっかけとなりえるため、川越の歯医者がその習癖を取り除くように働きかけるのです。

それ以外にも、お子様の口腔習癖に応じた諸々な矯正装置が川越の歯科や、全国の矯正歯科には準備されていますので、お子様の口腔習癖が気に掛かる方は、最初に歯科クリニックを訪ねてみてはどうでしょうか。

例を挙げるとタングクリブと呼ばれる装置は、川越の歯科でも使用されている矯正装置ですが、これを装着する事によって、お子様が舌を前に出せなくなるのです。

▽口腔習癖は一概に悪いものではない?

皆さんは口腔習癖という言い回しをご存知でしょうか。

▽歯列に悪影響を及ぼす口腔習癖

けれども、乳歯も生えそろってきて、歯列が仕上げに近づいても指しゃぶりなどを続けてしまうと、その後の歯並びに悪影響を及ぼす事がありますので用心が不可欠になります。

口腔習癖とは、指しゃぶりや舌を前に突き出すような口元の癖で、川越の歯科に来院されるお子様の中にも、そうした口腔習癖を持っている時が滅多にないのです。

実のところ、如何にいった口腔習癖が歯列に悪いのかもわかりにくいかと考えますので、川越の歯科でエキスパートのコメントを聞いてみてください。

もしかして、川越の歯科の患者さんだけでなく、皆さんも娘のころはそのような口腔習癖をお持ちだったかもしれませんね。

ですので、川越の歯科では明らかに歯列に悪影響を及ぼしているような口腔習癖にそれに対しは、そこそこの措置をとる事が多々あるです。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.