川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

子どもの歯から大人の歯へと生え変わる時期について

お子さまのお口の中というのは、日々劇的に変化していくため、川越の歯科医院でもお子さまのお口の中を診察する際には細心の注意を払うようにしていますし、親御さまにも日頃から注意深く観察してあげるようにお伝えしております。

とくにお子さまのお口の中で注意が必要になる時期というのが、子どもの歯から大人のへと生え変わる時期でして、川越の歯医者でもそうした混合歯列期にあるお子さまのむし歯治療や歯並びの異常などはしっかりと診療するように心がけております。

そこでまず、親御さまにもそうした混合歯列期の変化にも気づいて頂くためにも、乳歯と永久歯にはどのような違いがあるのかをご説明し、何らかの異常が生じた時点ですぐに川越の歯科医院を受診できるような環境を整えていただけたらと思います。

とはいっても、川越の歯科医院の歯医者や歯科衛生士は歯のプロフェッショナルであるため、容易に乳歯と永久歯を見分けることができますが、一般の方からするとその違いは必ずしも明白なものではなく、混合歯列期の異常にもなかなか気付いてあられないかもしれません。

理由を言えば、乳歯はいずれ永久歯と入れ替わるからです。

永久歯の虫歯であれば、川越の歯科では不可欠に応じて、インレーやクラウン、抜歯が必須となったらブリッジやインプラントといった補綴物で治療する事もあるでしょう。

一方、乳歯であればそこまで徹底的に治療する事はないのです。

言うまでもなく、川越の歯医者は乳歯への歯科治療も施していますが、比率としては圧倒的に永久歯の方が多々ある事でしょう。

以上の事から、乳歯列期における暮らし習性やオーラルケアなどが、素敵な永久歯列を入手する上でも必須である事がわかります。

それにより、乳歯が虫歯になったら、最初に川越の歯科を受診する事をお勧めしますが、永久歯の虫歯ほど悲観的に一考する必須もないかと思われます。

私たちの歯は、大きく2つにわける事ができます。

▽乳歯はいずれ永久歯へと生えかわる

お子様がいらっしゃるご家庭であれば、乳歯を普段的に目にする事でしょう。

真っ先に第一に、乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすい性質があります。

川越の歯科に限定しず、歯医者が治療を施すのは、アダルトの歯である永久歯がおおかたです。

▽乳歯の虫歯を放置してはいけない

ただ、ここで用心しなければいけないのが、永久歯へと生え異なるからといって、乳歯の虫歯等を放置してしまう事です。

第二に生えてくる永久歯が、正常に発育していけるような処置を施す事が多々あるです。

川越の歯科では、乳歯の虫歯への扱ってを適切に行ってくれるでしょう。

佇まいが小さく、色や形も明らかに永久歯とは異なります。

川越の歯科では、小児の治療を専門に行っているクリニックもありますので、乳歯についての質問等をぶつけてみてはどうでしょうか。

乳歯列から永久歯列への移行です。

この点に関しては川越の歯医者が詳細に解説してくれるかと考えますが、おおまかにいえば乳歯の方が歯質が脆弱なのです。

川越の小児歯科であれば、小児歯科治療のプロフェッショナルですので、的確な忠告を与えてくれるはずです。

反対にいうと、乳歯の虫歯を放置すると続いて生えてくる永久歯に悪影響を及ぼしますので、川越の歯科でも適切な処置を受けるよう勧められる事でしょう。

ですので、外部からの刺激に弱く、虫歯になりやすくなっています。

我が子の歯である乳歯と、アダルトの歯である永久歯ですね。

ですので、川越の歯科で乳歯を診るときには、永久歯とはその上ちょっと違った視点から、診療を行っているはずです。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.