川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

妊娠性歯肉炎について

妊娠中の女性であれば、妊娠性歯肉炎という言葉を一度は聞いたことがあるかと思いますが、川越の歯科ではこれから妊娠を予定されている方にも妊娠期の歯周病には十分注意するよう呼び掛けております。

正直、妊娠と歯周病というのは、一見すると何の関連性も見出せないものですが、川越の歯医者でも説明しているとおり、科学的や医学的にはかなり密接なつながりがあるといえるのです。

最も重要な要素となるのは、やはり歯周病菌の性質であり、妊娠中に女性ホルモンの分泌が上昇する点も含め、川越の歯科クリニックでは妊娠性歯肉炎をしっかり予防することを推奨しております。

ですから、これから妊娠をする予定の方や、妊婦さんは歯周病を予防するためにも妊娠性歯肉炎の特徴や症状、治療法などについてしっかり把握しておいてください。

定期的のブラッシングなどを徹底すれば、歯面に歯垢や歯石が堆積する事も少なくなりますので、どんだけ女ホルモンのバランスが崩れたとしても、歯周病にかかりにくい環境を製作できると、川越の歯医者は助言している事でしょう。

それ以外配慮すべきなのが、食生活の乱れです。

といっても女子ホルモンのバランスの移り変わりをコントロールする事は手を焼くですから、川越の歯科などではそうしたカラダの移り変わりが現れるという事を前もってに知ってもらうように努めているかと考えます。

以上のように、川越の歯医者が助言しているような事を一通り頭に入れて実践すれば、懐妊中の歯周病はかなり阻止可能なのではないでしょうか。

川越の歯科でも解説された事があるかもしれませんが、妊婦さんは何個かの所以から、懐妊前より歯肉炎や歯周炎といった歯周病に罹患しやすくなるのです。

言うまでもなく、懐妊初期でなくとも懐妊中の妊婦さんに反対には、川越の歯医者が歯周病阻止について細かいところまで助言してくれるかと考えます。

その上、間食も増大してくるため、口腔内の衛生状況も自ずと悪くなると、川越などの歯医者は助言しています。

では実のところ、どんな取り組みによって懐妊中の歯周病発症を食い止めるのでしょうか。

▽女子ホルモンの移り変わりが歯周病を誘発する

女子が懐妊をすると、体内のホルモンバランスが乱れます。

こうした食生活の乱れを正したり、食事量や回数が増える事も見越して、口腔ケアを徹底する事が何より大切といえるのではないでしょうか。

ですから川越の歯科では、今後懐妊される方や、懐妊初期の方などに対して、歯周病の防止を整然と行うように歯医者が助言している事でしょう。

▽懐妊中は歯周病阻止が必須ご存知の方も多々あるかもしれませんが、女子は懐妊をすると歯周病にかかりやすくなります。

ただ結局、できるであれば懐妊する前から、懐妊中の歯周病への対策法を知っておいて頂きたいものです。

懐妊中はお腹に赤ちゃんがいますので、懐妊前よりいろいろ食べるようになります。

特に女ホルモンの乱れは、歯周病を誘発するきっかけにもなるので配慮が必須です。

▽元はオーラルケアを重要に

川越の歯科では、とにもかくにも口腔内のケアを懐妊前より徹底する事が大事であると助言しているかと考えます。

そんな訳で今度は、懐妊中においてなぜ妊婦は歯周病にかかりやすくなるのかや、その対策法について、川越の歯科でも解説されているような事を解説していきたいと考えます。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.