川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

外傷で抜けた歯は元に戻すことができる?

小さなお子様は毎日元気に駆け回っているので、ついつい転んだり、顔面をどこかにぶつけたりして歯が抜けるようなことがありますので、その点は十分に注意するよう川越の歯医者の患者さまにもお伝えしております。

歯というのは基本的に再生されない組織なので、外傷で欠けたり抜けたりすると、それだけで大きなマイナスとなることから、川越の歯科医院の歯医者も歯の外傷に注意を呼び掛けております。

ただ、それでも外傷によって歯が折れたり、欠けたりすることは起こり得ることなので、そうしたトラブルに見舞われた際には、いつでも川越の歯科クリニックまでご相談ください。

抜けた歯が良い状態で保存されていたら、元の位置へと戻せることがありますし、何より川越の歯科に来院するまでの時間が短ければ短いほど、傷の治りも早まりますよ。

これは、抜けた歯でも川越の歯医者の処置の仕方で、元に戻せる事があるからです。

川越の歯科でも、歯が抜けた患者さんに反対に、その歯を即時的に保管するよう忠告するはずです。

▽抜けた歯は捨ててはいけない?

最初に開始出来に、事故などで抜けた歯をもうに捨ててしまう事だけは避けましょう。

川越の歯医者は、そうした事故で歯が抜けた場合に、何を如何に対処すべきかをキッチリと解説してくれる事でしょう。

とにもかくにも真っ先に、抜けた歯を乾かすさせてしまうのが最上悪いです。

川越の歯科で再植という処置を受けて、治療が成功すれば、元のステータスに戻す事も無理ではないのです。

ただ、液体であれば何でも良いというわけではないのです。

特にお子様に多々ある事故で、川越の歯科にも決まった的にそうした患者さんがいらっしゃる事かと考えます。

ただ、こうした事故は不意に訪れるため、予めどのように振る舞えば良いのかについて、わずか細かいところまで解説したいと考えます。

それを防ぐために、牛乳なり唾液といった液体に浸けておくのです。

▽事故は不意に起こるもの

道端で転んだり、球技でボールが顔面に当たったりして、歯が抜け落ちてしまう事があります。

加えて、歯を保存しておく液体として適しているため、多くの川越の歯医者が勧めている事でしょう。

もしも牛乳がなければ、抜けた歯をお口の中に入れておくのもひとつの手段です。

歯を1本失うというのは、相当大きな悪い面ですので、歯が脱落したときには、できるだけその保存に努め、川越の歯医者などに適切な処置を施してもらいましょう。

川越の歯科では、牛乳のような組織液に近い成分の液体に浸けるよう、患者さんに勧めている事でしょう。

牛乳であればどこの家庭にもあり、手に入りやすいといえます。

▽抜けた歯を牛乳に浸しておく

一例を挙げれば、川越の歯医者の中には、脱落した歯を牛乳に浸しておくよう勧める人がいらっしゃるかもしれません。

ただ、それ故には川越の歯科に訪れる間、適切な形で脱落歯を保存しておかなければいけません。

保存液としてはこれが最適なのですが、事故というのは不意に起こるものですので、その時手に入る最良のものを探して、歯を保存しておきましょう。

その時、患者さんは抜け落ちた歯を如何にすれば良いのか迷ってしまう事でしょう。

本当は歯を保存するための保存液というものが影響しているのですが、これはやはりに一般家庭にはないのですよね。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.