川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

仮歯が外れたときの対処法とは?

虫歯治療は、進行度によってそれなりの期間がかかることもあり、川越の歯科でも仮歯を装着することがありますが、その際いくつかの注意点を患者さまにお伝えしております。

というのもまず、仮歯というのはあくまで仮の歯であり、最終的な修復物とはことなりますので、川越の歯科の治療の途中で外れるようなことがあったら、放置しないようにしてください。

仮歯が外れた状態を放置すると、そこに新たな虫歯が生じてしまったり、残った歯質が欠けてしまったりするトラブルが起こり得るため、川越の歯科でも十分注意するよう呼び掛けております。

また、仮歯の状態で治療を中断すると、さまざまなお口のトラブルを招いてしまうことから、川越の歯科では最後まで虫歯治療を完結させるよう患者さまにお願いしております。

川越の歯科や全国の歯医者でも、そうした患者さんは一定数いらっしゃるようなのです。

それは川越の歯科に限定しずとも、全国どの歯科クリニックでも共通であるといえます。

仮歯が外れている期間が長ければ長いほど、症状が悪化する危険性は高まりますので、仮歯が脱落したステータスを放置する事だけは避けましょう。

おそらく、川越の歯科などで仮歯を装着した経験のある人ならわかるかと考えますが、明らかに正真のクラウンなどと比べると見劣りしてしまうものです。

そうして治療期間が長期に渡ってなると、詰め物や被せ物といった最終補綴物を直ちにには入れる事ができなくなります。

するとそこに、虫歯菌が再び感染して症状を悪化させるという事が川越の歯医者でも起こります。

川越で虫歯治療の途中の様子であれば、仮歯が外れると傷口がむき出しになったような様子になります。

▽治療期間が長い間なるときに装着する

仮の歯川越の歯科では、諸々な場合の虫歯治療を行っているかと考えます。

その上、もちろんの事ながら仮歯が外れた様子だと、スタイルも悪くなります。

そういう所以から、川越の歯医者では仮歯が外れたときにはもうにクリニックの方に来るように指示しているかと考えます。

他にも、川越の歯科などで仮歯を入れて治療を中断し、仮歯が外れたとしてもデフォルト放置してしまう場合があります。

▽仮歯の脱落を放置する危険性について

仮歯が脱落してデフォルト放置すると、真っ先に第一に虫歯を悪化させる危うい性が出てきます。

やはり進んだ治療も一からやり直しになるどころか、加えて治療が困難になる事例も川越の歯科ではあります。

1回か2回の治療ですべての処置が完了する事もあれば、さらに長い期間治療が継続する事も、川越の歯医者ではあります。

これはかなり危ういな様子といえます。

そんな訳で川越の歯科でも使われているのが仮歯というものです。

他にも意外に多々ある事例が、仮歯の状況で治療を中断してしまう患者さんがいらっしゃるという事です。

理由を言えば、川越の歯科などで入れてもらう仮歯というのは、治療途中のところを外からの刺激から守るという役割も果たしているからです。

▽仮歯は審美性も剛性も劣っている

仮歯は最終的なクラウンなどと比べると、風情も良くないのですし、剛性も低く作られています。

それだけに、仮歯は彩色しやすくかったり、欠けしやすいという特質があるのです。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.