川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

代用甘味料が虫歯予防に効果的な理由

むし歯予防に関心がある方なら、アスパルテームやキシリトールといった代用甘味料をご存知でしょうし、川越の歯科医院で定期検診などを受診されているような意識の高い方であれば、もうすでに毎日の食生活に採り入れているかと思います。

これらは文字通り、スクロースやグルコースといった糖質の代わりになる食品で、最近ではいろいろなものに含まれるようになっていますので、川越の歯科医院の患者さまでなくても、知らず知らずのうちに口にしていることも珍しくはないことでしょう。

代用糖の最もポピュラーな応用例はキシリトールガムで、川越の歯科医院でも予防意識の高い方や虫歯予防に関心のある方などに勧めている商品でもありますし、その効果についてもわかりやすくご説明しております。

とくにキシリトールというのは、単に砂糖の代わりとなるだけではなく、虫歯菌の活動を抑える役割も果たすため、川越の歯科医院の歯医者も日常的に活用することを強く勧めております。

▽虫歯防止には人工甘味料がお勧め

虫歯阻止で最も手間なくなのは、とにもかくにも歯磨きを充分にと行う事ですが、それだけですべての虫歯を阻止できたら、川越の歯医者の役割はなくなってしまうかと考えます。

▽誰しも虫歯は防止したいもの

川越の歯科に通院されている方もそうでない方も、とにもかくにも虫歯というものにはかかりたくないと常々思っている事でしょう。

▽常識的の砂糖よりも甘くて虫歯になりにくい?

人工甘味料は虫歯になりにくいだけでなく、砂糖に内蔵されるスクロースよりも数倍から数十倍甘いものが多く、そうした代用糖を使用した間食であればおやつとして摂取しても虫歯になりにくいだけでなく、甘いものを食べたという得心感も得られるため、川越の歯科医はとてもよく勧めている事でしょう。

▽虫歯菌の餌にならない人工甘味料が虫歯になりにくい所以は

相当控えめで、それはお口の中に生息している虫歯菌の多くが、人工甘味料を餌として摂取できないためであり、そのメカニズムについては川越の歯医者の解説を受けた方がわかりやすいかと考えます。

虫歯になると歯が痛んだり、川越の歯科医院に通院する必須も出てくるため、患者さんにとっては豊富にの負担を強いられる事になるため、虫歯は防止したいと思案するのは至って当たり前といえます。

おっしゃる通り、虫歯を防止する事ばかり優先して、甘いものを全部食べられなくなったらそれはそれでストレスがたまりますし、川越の歯科クリニックも甘いものを全部とるなとまではいっていない事かと考えます。

ですから、川越の歯科医院などではブラッシング指導などと共に、そうした虫歯になりにくい代用糖をイチ押しする場面が多々ある事かと考えます。

そんな訳でお勧めなのが虫歯のきっかけである糖分の摂取を極力制限する事であり、その1つの手段として川越の歯医者は代用糖が内蔵された菓子などをお薦めしている事でしょう。

では実のところ川越にお住いの方や川越の歯科クリニックに通われている方々は、どんな感じで虫歯防止に努めているのでしょうか。

アスパルテームなど、いわゆる人工甘味料の中には、虫歯のきっかけとなるスクロースとは特性が異なるため、適度に摂取しても虫歯にかかりにくくなる事は川越の歯医者や歯科衛生士も知っています。

ではなぜ人口甘味料はそれだけ甘いのに虫歯になりにくいのか、という質問を川越の歯医者の患者さんも持たれるようです。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.