川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

乳歯と永久歯の違いについて

川越の歯科医院には、永久歯しかない成人の患者さまがいらっしゃることもあれば、乳歯しかないお子さまがいらっしゃることもあり、それぞれの歯の性質の違いについては事前に熟知した上で、歯科治療の方法などを選択しております。

というのも、乳歯というのは単に永久歯よりもサイズが小さいだけではなくて、いろいろな面において異なる性質や特徴を有していることもあり、川越の歯科医院でも画一的な治療を行うのではなく、乳歯列期に最適といえる治療計画を立案するように心がけております。

例えば、乳歯の最もわかりやすい特徴は、エナメル質や象牙質の厚さにあり、永久歯と比べるとおおよそ半分しかないものですから、虫歯ができたとして普段、川越の歯科医院で行っている虫歯治療と同様の方法で進めていくと、いろいろなトラブルを招くことも珍しくありません。

また、乳歯はある一定の年齢を過ぎると、ひとつひとつが大人の歯である永久歯に生えかわるものですから、川越の歯科医院ではその点も考慮したうえでお子さまの歯科治療を行うよう心がけております。

ではなぜ我が子の歯が虫歯になりやすいかというと、乳歯はアダルトの歯と比較して複雑な形をしているため、食べ物のカスや歯垢などがたまりやすい組成になっており、川越の歯医者も目を光らせている事でしょう。

ですから川越の歯科医院には、小学生にもなっていないお子様もいれば、もうすでに定年を迎えた老齢の方もいらっしゃり、虫歯という病がいかにいろいろな年代に感染しているかがわかります。

▽虫歯のかかりやすさとは

虫歯というのは、年齢にかかわらず誰しもが必要になる確率のある病であり、川越の歯医者にも色々な年代の患者さんが歯科治療を受けに来院されます。

けれどもそれは間違いで、我が子の歯であっても虫歯にかかったら川越の歯科で治療を受けるべきであり、その訳については川越の歯医者がキッチリと解説してくれる事でしょう。

その一方で帰するところ、年代によってそこそこ虫歯へのかかりやすさというのは変わってきますし、川越の歯科クリニックでも虫歯にかかっている年齢層の偏りや、虫歯の進行度の差異などもあるかと考えます。

▽乳歯が虫歯になっても放置してはいけない

上述した通り、乳歯というのは虫歯になりやすい性質がありますので、お子様をお持ちの方はその対処を川越の歯科に任せるか、デフォルト放置するか迷っている事かと考えます。

▽我が子の歯のもち味について

娘の歯というのは、いわゆる乳歯と呼ばれるもので、アダルトの歯が生えてくる前に生えているもので、川越の多くの歯科ではこの乳歯の虫歯治療を歯科ドクターが行っています。

虫歯のきっかけというのは、食べかすや歯垢がたまる事から始まりますし、そのような組成上のポイントを持つ乳歯は自然と虫歯にかかりやすくなるため、川越の歯科クリニックでは乳歯の虫歯を診る機会も少なくないようです。

理由を言えば、乳歯というのはいずれ永久歯と入れ替わりますので、例え虫歯になったとしても放っておいて良いのではと決断する川越の患者さんも一定数いらっしゃったりします。

この乳歯というのはその実アダルトの歯よりもちょっと虫歯にかかりやすい性質があり、川越の歯医者もお子様やご両親に乳歯の虫歯阻止については徹底するよう忠告している事かと考えます。

そんな訳で採り上げるのは、娘の歯とアダルトの歯について、虫歯へのかかりやすさの差異などを中心に、川越の歯科の事例などを踏まえながら突き詰めて紹介していきたいと考えます。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.