川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

フッ素やシーラントで子どもの歯をむし歯菌から守る

川越の歯科医院には、まだ歯が生えて間もない赤ちゃんでも、お口の中に何らかの異常が認められたら治療を行うようにしておりますし、もうすでに乳歯列が完成しているお子さまに関しては、できるだけ定期的にご来院するようにおすすめしております。

なぜなら、子どもの歯というのはそもそもむし歯菌へとの抵抗力が弱い傾向にあり、川越の歯科医院でもお母さまには油断しているとあっという間にむし歯にかかってしまうことがある点をしっかりお伝えするようにしております。

そこで有用といえるのがフッ素を歯に塗布するフッ化物の歯面塗布や歯の噛む部分を滑らかにして清掃性を向上させるシーラントなどの予防処置であり、川越の歯科医院ではお子さまの歯をむし歯菌から守るために、これらの処置を積極的に受けるよう推奨しているのです。

もちろん、フッ素塗布というのは、小さなお子さまだけに効果のあるものではなく、川越の歯科医院にいらっしゃる若者や高齢の方など、どなたが受けても虫歯予防効果を得られる処置法といえます。

▽乳歯に対する虫歯の防止処置

そこで大切となるのが、虫歯の防止処置です。

川越の歯医者も患者さんに解説しているかと考えますが、乳歯と永久歯ではかなり大きな差異があります。

川越の歯科でも解説されている通り、乳歯の方がそもそも虫歯になりやすい特質であるため、水準を満たすまでは仕方がないといえるでしょう。

▽永久歯に悪影響を及ぼさないために

乳歯が虫歯になると、後から生えてくる永久歯にもいたずらがかかりますので、可能なら乳歯の段階で防止処置をとっておきたいものです。

川越の歯医者には、間食をしきりにとっていたり、オーラルケアが十分ではないお子様が虫歯治療を受けに来る事が多々あるかと考えます。

ですので、お子様がいらっしゃる方は、できるだけ早期に川越の歯科などに通院するようにして、お子様の虫歯防止に努めてみてはどうでしょうか。

乳歯はどっちにしても抜け落ちるものですが、川越の歯科ではそのあとに生えてくる永久歯への悪影響を気がかりする歯医者が多々あるかもしれません。

早い段階で対処する事で、その後のお子様の口腔内の環境も、良い方向へと発育が進んでいくかと考えます。

ですので、お子様が虫歯になりやすいというのは、一概にお子様のブラッシングが足りていなかったりするためだけではないといえます。

息子の歯とアダルトの歯であり、川越の歯科の多くでは、そのいずれもの治療を行っている歯医者があらかたでしょう。

今度は乳歯と永久歯について、川越の歯科でも解説しているような中身について紹介したいと考えます。

では乳歯と永久歯では大して異なる点がないのかというと、そうでもないのです。

▽乳歯と永久歯のちがい

ヒトの歯は、乳歯と永久歯に分ける事ができます。

乳歯のエナメル質や象牙質は、永久歯よりも薄くできているため、外部からの刺激に弱くなっています。

一例を挙げればシーラントなどは、お子様を中心に行われる防止処置で、川越の歯医者でも、元々虫歯になりやすい奥歯の乳歯に施す事が多々あるかと考えます。

さらに、フッ素の歯面塗布やフッ素による洗口なども、川越の歯科ではお子様にそれに対し積極的に勧めているのではないでしょうか。

▽乳歯の歯質は永久歯よりも薄い

真っ先に第一に、川越の歯科にはお子様の患者さんが豊富にいらっしゃいますが、これはわりと、乳歯が永久歯よりも虫歯になりやすいためです。

川越の歯科では、乳歯に対する虫歯阻止を積極的に行っている歯医者が多々あるかと考えます。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.