川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

歯の着色や変色を改善する方法

歯というのは、特別な病気を抱えていなくても、加齢によって変色や着色が生じることがありますし、食習慣や喫煙習慣によって黄ばみが黒ずみなどが気になるようになるため、川越の歯科医院でもそうした歯の色の変化に関するお悩みをよくお聞きします。

歯の着色の原因が例えば、歯面に付着したステインである場合は、川越の歯科医院でも定期検診の際に実施している歯のクリーニングによって改善できることがありますし、歯石が原因であった場合でもスケーリングといった歯科処置で黄ばみや黒ずみを取り除くことは難しくありません。

実際、川越の歯科クリニックに定期的にご来院いただいてる患者さまも、数ヵ月経つと歯の着色が生じたり、場合によっては変色したりすることも珍しくなく、クリーニングやスケーリングによって汚れを除去することで歯の色に関するお悩みを解消させていただいております。

ただ、歯の変色や着色の原因がステインや歯石ではなく、歯質の中にまで入り込んだ汚れである場合は、川越の歯科医院でも一般的に行っているようなクリーニングやスケーリングでは対処することが難しくなるため、歯のホワイトニングという処置を実施することもあります。

それに加え、川越の歯医者が使用しているような歯科用レーザーは、ホームホワイトニングで使用する事はできません。

川越の歯医者も解説してくれるかと考えますが、こうしたオフィスホワイトニングの影響はかなり高いです。

この点は、川越の歯科で受けるオフィスホワイトニングとの大きな相違といえます。

さらに、オフィスホワイトニングのように、川越の歯医者や衛生士が処置を施すのではなく、患者様本人が実施していきます。

本質的にはどっちも大差はないのですが、処置を施すところなど、細かい異なる点が何個かありますので、その点について克明に紹介していきたいと考えます。

それにより、ホームホワイトニングを開始するにあたっては、最初に川越の歯科を受診する不可欠があるのです。

そのような事から、ホームホワイトニングは川越の歯科で受けるオフィスホワイトニングよりも歯を白くする影響が低いという事ができます。

しかし、ホームホワイトニングは時をかけて自分のペースで歯を白くしていくので、白い歯のステータスが長持ちするという強みもあります。

ホワイトニング治療とは、文字通り歯を白くする歯科治療で、大きく2つに分ける事ができます。

出費もそこそこにかかりますが、その分、目指す形の歯の色に近づける事が可能なでしょう。

ホワイトニング剤を歯に作用させるためには、自身専門のマウスピースを完成させる必須があります。

こうしたレーザーは、川越の歯科のような医療施設にしかないので、我が家で行う事はできません。

川越の歯科には、ホワイトニング治療に力を入れているクリニックもあります。

▽ホームホワイトニングの中身

ホームホワイトニングは、普通に我が家など川越の歯科クリニック外で処置を施すものです。

もう1つはホームホワイトニングと呼ばれる治療で、処置のほぼすべてを我が家で行っていきます。

それから、ホームホワイトニングは全部、川越の歯科に通う不可欠がないわけではない、という点に用心してください。

ですので、ホワイトニング剤のみを使用して、歯を白くしていく事となります。

1つ目はオフィスホワイトニングと呼ばれる治療で、川越の歯科クリニックの中で行われるものです。

▽オフィスホワイトニングの中身

オフィスホワイトニングは、真っ先に患者様が治療の度に川越の歯科に来院してもらう不可欠があります。

歯を白くする作用を持つスペシャルな薬剤を歯面に塗布し、そこに歯科用レーザーを当てます。

はじめの診療で、口腔内のステータスによってはホワイトニング治療を受けられないと、川越の歯医者に所見される事もあります。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.