川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

院長ブログ

外れた仮歯を放置することのリスク

虫歯治療というのは、その進行度によって治療法も異なってくるため、一概にどれくらいの期間が必要で、どのような処置を施すのかお伝えすることはできませんが、川越の歯科医院では患者さまのお口の状態に合った最適な治療法をご提案するように心がけております。

例えば、ある程度進行した虫歯では、歯を削ったあとにコンポジットレジンを流し込むだけでは不十分であることが多く、クラウンと呼ばれる被せ物を装着することも川越の歯科医院ではよくあります。

そうしたクラウンは、歯を削ってすぐに装着することができるものではなく、まずは型取りをして模型を作るなどの工程を経るため、川越の歯科医院でもとりあえずは仮歯を装着していただくことが多いです。

そんな仮歯が治療の途中で外れてしまった場合、川越の歯科医院の患者さまによっては放置してしまうこともあるかと思いますが、例え仮の歯であってもそのままにすることでさまざまなリスクが生じうることを知っておいていただきたいです。

やはり進んだ治療も一からやり直しになるどころか、なお治療が困難になる時も川越の歯科ではあります。

理由を言えば、川越の歯科などで入れてもらう仮歯というのは、治療途中のところを外からの刺激から守るという役割も果たしているからです。

それだけに、仮歯はカラーリングしやすくかったり、割れしやすいという特質があるのです。

なお、川越の歯科などで仮歯を入れて治療を中断し、仮歯が外れたとしてもデフォルト放置してしまう場合があります。

川越で虫歯治療の途中の状況であれば、仮歯が外れると傷口がむき出しになったようなステータスになります。

そのような訳から、川越の歯医者では仮歯が外れたときには直ちににクリニックの方に来るように指示しているかと考えます。

1回か2回の治療ですべての処置が完了する事もあれば、一層長い期間治療が継続する事も、川越の歯医者ではあります。

▽仮歯の脱落を放置する危うい性について仮歯が脱落してデフォルト放置すると、最初に第一に虫歯を悪化させる危うい性が出てきます。

仮歯が外れている期間が長ければ長いほど、症状が悪化する危険性は高まりますので、仮歯が脱落した様子を放置する事だけは避けましょう。

しかも、もちろんの事ながら仮歯が外れた状況だと、風情も悪くなります。

そうして治療期間が永らくなると、詰め物や被せ物といった最終補綴物をもうには入れる事ができなくなります。

そんな訳で川越の歯科でも使われているのが仮歯というものです。

おそらく、川越の歯科などで仮歯を装着した経験のある人ならわかるかと考えますが、明らかに正真のクラウンなどと比べると見劣りしてしまうものです。

しかも意外に多々ある時が、仮歯の様子で治療を中断してしまう患者さんがいらっしゃるという事です。

それは川越の歯科に限定しずとも、全国どの歯科クリニックでも共通であるといえます。

川越の歯科や全国の歯医者でも、そうした患者さんは一定数いらっしゃるようなのです。

▽仮歯は審美性も剛性も劣っている

仮歯は最終的なクラウンなどと比べると、風情も良くないのですし、剛性も低く作られています。

するとそこに、虫歯菌が再び感染して症状を悪化させるという事が川越の歯医者でも起こります。

▽治療期間が長く場合に装着する仮の歯

川越の歯科では、諸々な事例の虫歯治療を行っているかと考えます。

これはかなりリスキーな様子といえます。


Warning: Use of undefined constant newslist - assumed 'newslist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms5/matsumurashika.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 50


Copyright © まつむら歯科クリニック All rights reserved.